対策と治療

胸部交感神経節切除術について

多汗症にはいろいろな治療方法があります。

水道水によるイオントフォレーシスでは、部位を水道水に浸して、直流電流を流します。

治療を中止すれば、その発汗量は元の状態に戻ってしまいます。

イオントフォレーシスを家庭でおこなうことができる家庭用治療機器などもあるようです。

比較的、汗の程度の低い方に有効でしょう。

手のひらの汗の症状が強い場合は、胸腔鏡を使った胸部交感神経節切除術という方法があります。

この手術によって手のひらの汗は確実に止まりますが、交感神経が遮断されたことによる副作用として、程度の差こそあれ、代償性発汗がほぼ100%現れてしまいます。

代償性発汗をわかりやすくご説明すると、手術によって減った手の汗を、体の他の部位、例えば、お腹や背中などから分泌して体温調節を行う現象です。

つまり、手のひらの多感が完全に治っても、他の部位に症状が出てしまう可能性があるということなのです。

ですので、胸部交感神経節切除術を受ける場合は、十分に考えた上で手術するかどうかを決めるようにしましょう。

このように、治療法は何通りもあり、それぞれに長所と短所があります。

多汗症のうち、手のひらに汗をかく症状は思春期に現れやすく、成長すると軽くなります。

ですので、思春期で多汗症で悩んでいる方は、いま治療するのか、もう少し待ってみるのか、しっかり考えてみたほうが良いでしょう。

また、自分に適した治療方法はどれか、お医者さんとじっくり話し合うべきでしょう。

多汗症は身近な病気ですので、自分が多汗症だと気づかずに過ごしている人もいるでしょう。

緊張すると手に汗をかく、顔や脇に大量の汗をかく、そんな人はたくさんいるはずです。

誰にでも同じような経験があるでしょうから、これが病気だとは思わないかもしれません。

もし、仕事に支障が出るほどの、また、日常生活で困るような大量の汗をかく場合は、多汗症を疑ってみましょう。

そして、一度、病院で診断してもらいましょう。

大切な家族やパートナーが多汗症かもしれないと思ったら、受診をすすめてみても良いですね。

間違えた水分の取り方

人前でたくさんの汗をかいてしまうことは恥ずかしい、と思っている方はたくさんいますね。

多汗症の人のなかには、汗をかかないようにするために、水を飲まないようにしているという人もいます。

そういえば、「すぐ汗をかいちゃうから水分はとらないようにしてる」と言っていた汗かきの友人もいます。

では、多汗症の人は水分をとらないほうが良いのでしょうか?

水を飲まなければ、出る汗の量は抑えられるのでしょうか?

答えはNOです。

なぜなら、多汗症で悩んでいるほとんどの人は、精神的な原因から発汗しています。

ですから、水を飲んでも、水を飲まなくても、出る汗の量には変化はありません。

逆に、汗をかいているのに水分を補給しなければ、脱水症状になってしまう危険もあります。

また、水分が足りないことによって便秘になったり、反対に、大量の水を飲んでも尿が増えるだけなのです。

では、どうすればよいのでしょう?

多汗症の人にとって、汗の量を減らしたり、予防をすることはできないのでしょうか?

その予防策について見ていきましょう。

水分を取っても汗が減る方法、それは、ミネラルや塩分を含む飲み物を摂取することです。

おすすめは、スポーツ飲料です。

スポーツ飲料には塩分も含まれているので、血液内の塩分濃度が上がります。

これによって、汗が減ることもあるようです。

発汗によって体から失われてしまった水分やミネラル分を効率良く補給できるので、心配される脱水症状の回復にも効果があるでしょう。

もちろん、個人差がありますので、スポーツ飲料を飲んだとしても汗が減る人、減らない人がいることは理解しておきましょう。

星状神経節ブロックについて

顔面多汗症の人、または、頭部にたくさんの汗をかく人には、どんな治療法があるでしょうか?

ここでは「星状神経節ブロック」という治療法をご紹介しましょう。

星状神経節ブロックは、「喉」の部分に存在します。

星状神経節と呼ばれ、主に上半身(頭・顔・首・肩・上肢・胸・心臓・気管支・肺)の交感神経をコントロールしている星のような形をした、交感神経が集まる場所です。

その近くに局所麻酔をし、交感神経だけを一時的にブロックすることによって、自律神経のバランスを修正する治療方法です。

この治療法は、脳にある視床下部の機能が改善され、その結果、血液の循環、ホルモンの分泌が正常になります。

汗の量については、星状神経節ブロックにより、首から上の部分の汗が抑えられるといわれています。

よって、顔面多汗症にも効果が期待できるといえます。

費用は、1回1000円~1500円ほどで、それぞれ症状によって回数は違ってきますが、およそ30回ほどの治療で効果がみられるそうです。

効果は、星状神経節ブロックをした後、数ヶ月から1年間くらいで、永久に顔の汗が止まるわけではありません。

効果が見られなくなったら、再度、治療をうけることになります。

さまざまな患者さんの声を調べてみると、「星状神経ブロックを打った直後、打った側の顔がこわばり、声はかすれ、目が充血した」など、効果よりも副作用を訴える人もいます。

この手技は非常に熟練を要しますので、麻酔科、ペインクリニックなど、麻酔専門医がいるところで受けることをお勧めします。

抗コリン剤について

多汗症はれっきとした病気です。

もし、自分は異常なほど汗をかくようだと思う方は、一度病院を受診することをおすすめします。

少しでも早く症状を改善するためには、病院で正しい診断と治療をすることが大切です。

症状にあった薬を処方してもらうことができるでしょう。

その代表的なものをご紹介します。

「抗コリン剤」は多汗症の治療薬として使われます。

一般的にこの薬は、多汗症の薬というよりも、腹痛などの痛み止め、胃 ・十二指腸潰瘍の治療や鎮痙薬として使うことが多いです。

さて、発汗刺激をおこなうのは交感神経です。

交感神経の末端から、皆さんよくご存知の「アドレナリン」が出るわけですが、これは、神伝達物質です。

そして、汗腺からは「アセチルコリン」が分泌されます。

多汗症の症状は、神経から汗腺にこの「アセチルコリン」という伝達物質が大量に放出されて悪化するのです。

「抗コリン剤」を服用すると、この「アセチルコリン」の分泌が抑えられます。

つまり、分泌が減れば、発汗を抑えることができるわけです。

よって、「抗コリン剤」は多汗症の治療に効果的だといわれています。

しかし、「抗コリン剤」は医師の指導のもと、正しく使用しなければいけません。

「抗コリン剤」を服用すると、汗腺のアセチルコリンが抑えられるだけでなく、全身のアセチルコリンも抑えてしまうため、目の乾きや口の渇きといった症状があらわれます。

また、尿が出にくくなるという副作用もあるようです。

ですので、長期間に渡り「抗コリン剤」を服用することはあまり良くありません。

必ず医師に処方してもらい、指示を守り、きちんと正しく服用しなければなりません。

グランダキシンについて

さて、前回は多汗症治療に使用される薬「抗コリン剤」をご紹介しました。

こちらでは、「抗コリン剤」と同様によく知られている薬「グランダキシン」について見ていきましょう。

「グランダキシン」は自律神経を調整するための薬です。

自律神経のバランスが悪くなると、身体にはさまざまな不調が現れます。

自律神経の乱れによって、発汗や頭痛、動悸などが起こり、これらは特に多汗症につながる症状といえるのです。

このように、自律神経の乱れに「グランダキシン」を使うことで、多汗症につながる症状である発汗や頭痛、動悸などを抑えることができます。

それだけでなく、発汗そのものの治療にも効果があるといわれています。

この「グランダキシン」という治療薬は、多汗症のほかにも、自律神経失調症や更年期障害、ムチ打ち症の改善にも使われています。

注意するべき点は、重症筋無力症、急性緑内障、呼吸不全などの症状がある方は、簡単に使うことはできません。

必ず、必ず担当の医師と薬剤師と相談し、慎重に使っていきましょう。

さらに、生活上の注意として、アルコールによって、この薬の作用が強まるおそれもあるので、飲酒は控えるようにしましょう。

主な薬の副作用ですが、眠気や眩暈、ふらつき、口の渇きや吐き気、便秘、食欲不振などがあげられます。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談しましょう。