多汗症って?

多汗症を知ろう?vol.1

多汗症とは、どんな病気が知っていますか?

文字通り「多汗症」とは、体温の調節に必要な範囲を超えて、異常に多量の汗をかく状態のことを指します。

多汗症で悩んでいる方はたくさんいるでしょう。

ご存知のように、私たちの体は、汗をかくことによって温度調節を行っています。

体温が上がったと時に、汗が出てきます。

運動をしたり、暑い場所へ行ったり、体が熱いと感じた時に汗が出るのです。

ではなぜ、汗をかくと体温調節ができるのでしょう?

その理由は、汗をかいた後、汗が乾く時に気化熱が発生するからです。

気化熱とは、液体が蒸発して気化する時に、そこにある温度を奪って気化します。つまり、体の体温を下げることになるのです。

このように、通常の量の汗をかいて体温調節している分には問題ありません。

必要以上に汗が出て、気化もせず、皮膚の表面が汗で濡れるほどの状態を「多汗症」と呼んでいます。

では、なぜ多汗症になってしまうのか? その原因を見てみましょう。

ひとくちに「汗をかく」と言っても、汗にはいくつかの種類があります。

例えば、「温熱性発汗」は温度が高い時に出てくる汗で、夏にかく汗がこれにあたります。

「精神性発汗」は精神的に緊張した際に出る汗で、一般的に冷や汗と呼ばれるものです。

そういえば、怖い思いをしたり、驚いたりすると、緊張で汗をかきますね?

また、辛いものを食べた時にも、ジワジワと汗をかいたりしませんか? 辛いものが苦手な人だと、突然噴出したりする汗もあると思います。

この汗は、「味覚性発汗」と呼ばれています。

多汗症を知ろう?vol.2

多汗症とは、どんな病気が知っていますか?

文字通り「多汗症」とは、体温の調節に必要な範囲を超えて、異常に多量の汗をかく状態のことを指します。

多汗症で悩んでいる方はたくさんいるでしょう。

ご存知のように、私たちの体は、汗をかくことによって温度調節を行っています。

体温が上がったと時に、汗が出てきます。

運動をしたり、暑い場所へ行ったり、体が熱いと感じた時に汗が出るのです。

ではなぜ、汗をかくと体温調節ができるのでしょう?

その理由は、汗をかいた後、汗が乾く時に気化熱が発生するからです。

気化熱とは、液体が蒸発して気化する時に、そこにある温度を奪って気化します。つまり、体の体温を下げることになるのです。

このように、通常の量の汗をかいて体温調節している分には問題ありません。

必要以上に汗が出て、気化もせず、皮膚の表面が汗で濡れるほどの状態を「多汗症」と呼んでいます。

では、なぜ多汗症になってしまうのか? その原因を見てみましょう。

ひとくちに「汗をかく」と言っても、汗にはいくつかの種類があります。

例えば、「温熱性発汗」は温度が高い時に出てくる汗で、夏にかく汗がこれにあたります。

「精神性発汗」は精神的に緊張した際に出る汗で、一般的に冷や汗と呼ばれるものです。

そういえば、怖い思いをしたり、驚いたりすると、緊張で汗をかきますね?

また、辛いものを食べた時にも、ジワジワと汗をかいたりしませんか? 辛いものが苦手な人だと、突然噴出したりする汗もあると思います。

この汗は、「味覚性発汗」と呼ばれています。

多汗症を知ろう?vol.3

多汗症について、どんどんわかってきましたか?

たかが「汗」と思ってはいけません。

夏でもないのに・・・、大切な人の前に立つと・・・、重要な会議の席で・・・、大量の汗をかいてしまう悩みは、本人はもちろん、周りの人にも影響があるでしょう。

もっと多汗症について勉強していきましょう。

多汗症には、多汗部位が全身に広がっている「全身性多汗症」と、体の一部で発汗が増えている「限局性多汗症」とがあります。

多汗症の裏には、何らかの病気が隠れていることもあります。

たとえば全身性多汗症の場合、感染症や内分泌、代謝性疾患、膠原病、悪性腫瘍、中枢神経疾患、甲状腺機能亢進症によるものなどが原因の場合もあるようです。

また、特に疾患がなくても、原発性全身性多汗症になる人もいます。

では、多汗症はどのように検査や診断をするのでしょうか?

汗の量が多い場合は、目で見たり手で触ったりするだけで、多汗の有無を判断できます。

もし、客観的な判断が必要な場合や、治療効果を判定したい時には、ヨード紙に汗を吸い取らせ青紫色に変色させたり、発汗記録計を使うなど、汗の量を測定します。

また、全身性多汗症の場合は、その原因となっている病気を探します。

たとえば、甲状腺機能亢進症が疑わしいケースは、甲状腺機能検査を行います。

また、褐色細胞腫(かっしょくさいぼうしゅ)が疑わしいケースは、尿中のカテコールアミン代謝産物を測ります。

また、多汗症と診断されたら、どのような治療が行われるでしょうか?

多汗症の治療法は、外用薬治療を使用する方法、水道水によるイオントフォレーシスという方法、他に、交感神経切除治療やボツリヌス毒素皮内注射治療などがあげられます。

各々の治療法には必ず長所と短所がありますので、ズバリ!多汗症の決定的な治療法はコレだ!、というものはありません。

ケースバイケースで治療法を考えていきます。

外用薬では、塩化アルミニウム液や塩化ベンザルコニウム液が使われており、1日に1回、就寝前に使います。

水道水によるイオントフォレーシスは、手のひらや足の裏、腋の下の多汗症治療に適している方法です。

両手と両足を電極のついた水道水に浸して、10mA前後の電流を20分ほど流します。

できれば週2~3回行うのが理想ですが、週1回でも効果があります。