漢方薬で治療する Vol1

漢方薬で治療する Vol1

多汗症にはさまざまな治療方法、改善方法があります。

切らない治療法としては、ボトックス注射でワキの汗を抑える「ボトックス」、レーザー光線でワキ汗抑る「レーザー・デオドラント」、などがあげられます。

一方、手術で行う場合も「直視下摘除法」「皮膚切除法」「吸引法」など、さまざまな治療方法があります。

また、心理療法などもありますが、病院を訪ねるのに、なかなか重い腰をあげることができません。

おそらく「そんなに大掛かりな治療をしなくても何とかなるのではないか?」「もう少し我慢してみよう」「ちょっと恥ずかしい」、いろんな思いがあるのでしょう。

では、もっと抵抗なく取り入れられる多汗症の治療法があるのでしょうか?

東洋医学として多くの病気の改善に取り入れられている漢方薬を使用する方法があります。

ご存知のように、多汗症だけではなく、いろいろな病気の治療に使われていますね。

汗が多いということは、交感神経の働きが亢進している状態といえるため、過度に興奮や緊張がおこりは、体内の気の流れを悪くしがちです。

多汗症における漢方薬での治療は、汗腺をコントロールできるようにするため、自律神経のバランスを正しくすることが目的です。

また、体における水分の代謝を活発にすることにより、汗が出ることを抑えるという方法もあります。

手術をせずに、このような治療が漢方で出来れば良いですね!

ですが、ここでひとつ思い出していただきたいのは、皆さんご存知のように、漢方という療法には、西洋薬と比較して即効性がありません。

漢方薬の特徴として、効果がわかりにくく、効き目もおだやかなので、辛抱強く続けることが大切です。

また、ある人には十分に効果がみられた漢方薬も、他の人にとってはあまり効果が出なかった、というケースもあります。

人によって効果の現れ方が違うことも覚えておきましょう。

漢方では、多汗症は気力が落ちてしまい、疲れやすい虚証の人に多くみられることから、それに応じた薬方「黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)」や「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」などを選んでいくそうです。

漢方薬については、また別のページで詳しくご紹介していきます!