グランダキシンについて

グランダキシンについて

さて、前回は多汗症治療に使用される薬「抗コリン剤」をご紹介しました。

こちらでは、「抗コリン剤」と同様によく知られている薬「グランダキシン」について見ていきましょう。

「グランダキシン」は自律神経を調整するための薬です。

自律神経のバランスが悪くなると、身体にはさまざまな不調が現れます。

自律神経の乱れによって、発汗や頭痛、動悸などが起こり、これらは特に多汗症につながる症状といえるのです。

このように、自律神経の乱れに「グランダキシン」を使うことで、多汗症につながる症状である発汗や頭痛、動悸などを抑えることができます。

それだけでなく、発汗そのものの治療にも効果があるといわれています。

この「グランダキシン」という治療薬は、多汗症のほかにも、自律神経失調症や更年期障害、ムチ打ち症の改善にも使われています。

注意するべき点は、重症筋無力症、急性緑内障、呼吸不全などの症状がある方は、簡単に使うことはできません。

必ず、必ず担当の医師と薬剤師と相談し、慎重に使っていきましょう。

さらに、生活上の注意として、アルコールによって、この薬の作用が強まるおそれもあるので、飲酒は控えるようにしましょう。

主な薬の副作用ですが、眠気や眩暈、ふらつき、口の渇きや吐き気、便秘、食欲不振などがあげられます。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談しましょう。